人探し 難易度

MENU

【人探しの基本】探す対象や状況によって変化する人探しの難易度

人探しは様々な状況で発生します。
突然の失踪や家出のような緊急性のあるもの、連絡の付かない知人や親戚を探し出したい、お世話になった人を探したいなど連絡が取れなくなってから時間が経過しているものなど人探しの内容は本当に人それぞれなんです。

 

人探しの難易度として一番低いのは、捜索の対象者が逃げていない場合です。

どこにいるかはわからないけど、日常生活を正常に行っている方の捜索は少ない情報でも意外と簡単に見つかる場合が多かったりします。
これは、探したい人が住んでいた場所や住所、当時の勤務先や名前などさえわかればプロの探偵であれば足跡を辿って探し当てることは容易なのです。

 

ですから、昔の知人や恩人、連絡がつかない親戚などは現在の情報が一切なかったとしても意外と簡単に見つけられるでしょう。

 

しかし、気をつけなければならないのは探し当てたい相手が親族や配偶者以外の場合、個人情報保護法の観点から相手が情報の公開を拒否する可能性もあるということです。
お金をかけて探し当てても、結局なにも情報を得られないなんていうこともありえるのです。

 

家出や失踪は難易度が高い場合が多い

時間の経過も少なく、本人の情報や手がかりがあったとしても難航する場合があります。
その理由としては相手も逃げているからです。
家出をする失踪をするということは、あらかじめ探されることを想定して足跡を消したり、居場所を特定される証拠になるようなものは消しながら生活している場合が多いからです。

 

ただ、家出や失踪というのは、特に未成年の場合、事件に巻き込まれたり、犯罪に発展することも多く、更には自殺する可能性も・・・と考えると探す方としては気が気じゃない場合も多いですよね。

 

このような人探しの場合は警察が動いてくれないなら探偵に任せるしか方法はありません。
緊急性のある人探しの場合はとにかく警察への行方不明者届(捜索願)とあわせて探偵への依頼を同時進行ですすめるのが早期発見には大事なのです。

 

 

【人探しの基本】探す対象や状況によって変化する人探しの難易度

【人探しの基本】探す対象や状況によって変化する人探しの難易度

    原一探偵事務所のポイント
  • 調査実績41年
  • 解決実績8万件以上
  • 全国対応
  • 24時間・365日対応
  • テレビでの調査実績も多数
原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

◆今すぐ依頼するならこちら↓ 人探し・家出