人探し

MENU

人探しを業者に依頼する際の着手金について

人探しにおける着手金

人探しを調査機関に依頼する場合、調査開始にあたって当面必要とされる着手金の支払いを求められる場合があります。
事前の打ち合わせに基づいて、調査の目的や難解さ、そしてそれらにかかる経費などを見積もり、その提示額に基づいて最低限必要とされる費用を支払うことになります。

 

ただ、調査開始後の進展が極めてスムーズで、目的達成が容易だった場合、予想に反して過剰な額を払いすぎてしまうことがあります。

 

この問題を回避するために、着手金のありかたそのものについても、契約条項の中に明記する必要があります。余剰金については依頼者に返還し、逆に不足金が発生する場合は、その都度調査の進捗状況を報告しながらお互いで協議するという形が望ましいといえます。

 

更に、操作が極めて難解で、予想をはるかに超える費用を投資しても目的を達成しそうにないと判断される場合は、調査そのものを見送ることもあり得るということも、両者の合意の下で取り決めておく必要があります。

 

着手金は発生しないに越したことはない

上記で書いたように着手金が発生する場合は、実費での調整を打合せておくのも大変ですし、さらに着手金を持ち逃げされたり、実費で追加費用がさらに発生したなど悪徳なやり口の業者も存在します。
このように、着手金を求める探偵事務所には疑問を持っておいたほうがいいでしょう。

 

ベストなのは見積もり金額以上は請求しないとしている探偵業者です。

 

原一探偵事務所では例え赤字だったとしても見積もり金額以上を請求しないことをポリシーにした明瞭な調査費用で有名です。
こういった明瞭会計の業者に依頼することがだまされないためにも必要になります。

 

人探しを業者に依頼する際の着手金について

人探しを業者に依頼する際の着手金について

    原一探偵事務所のポイント
  • 調査実績41年
  • 解決実績8万件以上
  • 全国対応
  • 24時間・365日対応
  • テレビでの調査実績も多数
原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

◆今すぐ依頼するならこちら↓ 人探し・家出