人探し

MENU

家出人捜索願の手続き方法と有効期限について

何らかの理由で行方不明(家出人)になった人物を発見するのは、個人で探していては極めて困難です。

 

残された家族にとっては、警察に捜索願(行方不明者届)を届け出て、後はひたすら発見されるのを待つことになります。
しかし、捜索願(行方不明者届)を受理したとしても、警察は事件性がなければ特に動きません。
そのままでは、時間だけがどんどん過ぎていってしまう恐れが強いですし、遺体で発見、事件で確保で発見されても何の意味もありません。
しかし、捜索願の手続きは必ず取るようにして下さい。
警察は動かないとか言われますが、警察の日々の巡回や通報、職務質問などでも発見されることが多いことも覚えておくべきです。

 

人探しのために警察に家出人捜索願を出す場合の手続きについて、ご紹介しましょう。

 

行方不明者届(捜索願)を出せる人
  • 親権者、配偶者(事実上の婚姻関係のある相手も認められます)、親族、行方不明者を現に監護する人。
  • 行方不明者の福祉に関する事務に従事する人。
  • 同居人、恋人、雇い主などの行方不明者と密接な関係の人。

 

行方不明者届け(捜索願)を出す警察署
  • 行方不明者が住んでいた場所を管轄する警察署。
  • 届出する人が住んでいる場所を管轄する警察署。
  • 行方不明者が、行方不明になった場所を管轄する警察署。

 

届けに必要な書類
  • 行方不明の写真
  • 届出人の印鑑
  • 身分証明書

 

届出が出されると、警察の人探しデータベースに登録されます。
警ら、交通取り締まり、犯罪捜査などの警察の通常の活動において発見に努めることになります。通常は特別な捜索はされませんが、事件や事故に巻き込まれた可能性のある人、幼児や老人など自分の意思での失踪は考えられない人、自殺の可能性のある人は特異行方不明者として、大規模な捜索活動や公開捜査が行われます。

 

有効期限について
・特異行方不明者の手配には、3か月の有効期限がありますが、必要があると判断されると、3か月ごとに更新されます。

 

このような手続きを踏み、できるだけ早く行方不明者届は提出するようにしましょう。

 

同時にしておきたいのが探偵事務所への人探しの依頼です。
独自の調査網を持つ探偵社が、プロの視点で足跡を辿っていけば、警察よりも遥かに高い発見率を誇ります。

 

また対象者を発見できるかどうかは、どれだけの手がかりがあるかによります。
人探しのプロは、その手がかりからどのような可能性があるのかを推測しながら、地道に調査を進めるのです。
特に、未成年が家出をしてしまった時は、早く発見しなければ何かの事件に巻き込まれてしまう恐れもあります。
長年のノウハウがある探偵社に任せて、早く発見してあげましょう。

 

行方不明者は1分1秒でも早く探さなければなりません。
なぜなら、時間が経てば経つほど無事に発見できる確率が減っていくことは警察のデータからも一目瞭然です。

 

家出人捜索願の手続き方法と有効期限について

家出人捜索願の手続き方法と有効期限について

    原一探偵事務所のポイント
  • 調査実績41年
  • 解決実績8万件以上
  • 全国対応
  • 24時間・365日対応
  • テレビでの調査実績も多数
原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

◆今すぐ依頼するならこちら↓ 人探し・家出