人探し

MENU

債務者の捜索の特徴と難易度

人探しには色々なケースがあります。
両親を探したり、兄弟を探したり、知人を探したりなどありますが、中でも多いのが債務者の捜索ではないでしょうか。

 

個人的にお金を借りたり、キャッシングやクレジットカードで多額のお金を借りたり使用したりして一切返済しない方がいます。
お金を借りたまま返さないで姿を消してしまう方は意外と多い様です。
こういった債務者に多く見られる特徴が住民登録上の住所に住んでいなかったり、職権消除されているケースです。

 

住民票は債務関係を証明出来る契約書などあれば、家族でなくても取得する事が出来ます。
しかし、住民票を取り寄せても住所は不明だったり、住民登録上の住所に実際には住んでいないのです。
ですから、住民票を追っかけても彼らの実際住んでいる場所には辿りつけないのです。
こうなると聞き取りなど行いながら地道に探していく事になるので、かなり難易度の高い人探しになります。

 

基本的にこのような人たちを探すには探偵事務所へ依頼するしか方法がありません。
赤の他人の調査は個人情報保護法などの観点から受けてもらえない可能性が高いのですが、お金の持ち逃げや借り逃げは詐欺罪に当たるため、この問題をクリアできる可能性が高いのです。
ただ気をつけておきたいのが、お金を返してもらう、詐欺罪で訴えるといった目的以外で制裁を与えようとする依頼者がいます。
こういった依頼者は闇金関係であったり、ヤクザ絡みなどが多いのですがこれは人探しを受けてもらえないので注意して下さい。

 

あくまで法律の範囲内で動くのが探偵事務所の仕事なのです。

 

 

債務者の捜索の特徴と難易度

債務者の捜索の特徴と難易度

    原一探偵事務所のポイント
  • 調査実績41年
  • 解決実績8万件以上
  • 全国対応
  • 24時間・365日対応
  • テレビでの調査実績も多数
原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

◆今すぐ依頼するならこちら↓ 人探し・家出