人探し

MENU

司法書士、弁護士、行政書士に人探しを依頼した場合について

人探しをする場合の手段として色々な方法があります。
探偵のプロである探偵社や興信所に依頼する方法や法律のプロである司法書士、弁護士、行政書士に依頼する方法、そして自力で探し出す方法です。

 

司法書士、弁護士、行政書士ができること

その中で法律のプロである行政書士、弁護士、司法書士などが人探しをする場合は直系の親族を探す以外の場合に限られるでしょう。
なぜなら直系の親族であれば戸籍はあなたでも取り寄せることができるからです。

 

依頼後は探す対象者の戸籍を各市役所に請求し取り寄せます。
戸籍を取り寄せ、戸籍の附票、住民票を取り寄せ住民登録上の現住所までたどり着く事が出来ます。

 

しかし、弁護士など法律のプロでも戸籍を請求するには依頼者の委任状が必要ですし、また戸籍などは依頼者の直系親族などまでしか請求出来ない、債務関係が分かる書類が必要だったりなど制限があります。
特別な理由がない限り、全くの他人の戸籍は請求できないのです。

 

戸籍を調べる場合に注意しておくべきこと

お金をかけて戸籍や住民票を調べたのに、何もわからなかったでは完全にムダとなってしまいます。
例えば、免許証の更新ハガキや税金、年金などの公的書類が届かなくなっていれば住民票を移した証拠ですので、お金をかけてでも調べる価値はあるでしょう。

 

そういった事実が何もわからない場合は、先に探偵などに依頼して足取りを追うことが先決です。

 

 

行政書士の人探しを依頼した場合について

行政書士の人探しを依頼した場合について

    原一探偵事務所のポイント
  • 調査実績41年
  • 解決実績8万件以上
  • 全国対応
  • 24時間・365日対応
  • テレビでの調査実績も多数
原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

◆今すぐ依頼するならこちら↓ 人探し・家出