人探し

MENU

【人探しの基本】個人で行う人探しの限界

人探しをする際にまずは自分でいろいろ情報収集したり、心当たりの場所を探したりと誰もが行動を起こすことでしょう。
しかし、個人でできることには限界があることは分かっておく必要があります。
まずは自分でできる範囲のことを知っておきましょう。

 

住民票や戸籍謄本の取得について

最初にできることは旧住所住民登録上の住所を調べることです。
ここで今住んでいる場所や住所移動の足跡を終えれば一気に対象者の発見は近くなります。
しかしこれには対象になる人が住民票や戸籍を開示できる直系の親族である必要があります。
もし親族出ない場合は個人情報の管理が厳しい今の時代は住民票や戸籍謄本から足取りを追うことは出来ず、弁護士や探偵に任せる以外になくなります。
人探しにおいては、住民票をとっても足取りを掴めなければ弁護士に依頼してもお金の無駄となってしまいます。
やはり探偵に依頼するのがベストな選択となるでしょう。
探偵であれば、持っている情報の中から当たりをつけて聞き込みや張り込みをしたりすることで想像以上に簡単に足取りを掴んでしまいます。
個人でも聞きこみや張り込みなどはできるとお思いでしょうが、それを職業にしている探偵は調査に対する精度がぜんぜん違うのです。

 

勤務していた会社、通っていた学校での聞き込み

勤務していた会社や通っていた学校などで情報を聞き取りすることもあるでしょうが、ここでも壁になるのが個人情報の保護です。
ただ、探偵に依頼すれば勤務していた会社や通っていた学校が分かるだけでも重要な情報になります。
探偵とは小さな手がかりから対象を絞り込んでいく能力が凄いんです。
言うなれば、手がかりのない岩壁をスイスイ登っていくロッククライマーみたいなものですね。

 

素人は少ない手がかりでは指を加えて岩壁を眺める他ありませんから。

 

個人情報が厳しい今の時代は素人では思ったように人探しの情報収集も出来ないのです。

 

【人探しの基本】個人で行う人探しの限界

【人探しの基本】個人で行う人探しの限界

    原一探偵事務所のポイント
  • 調査実績41年
  • 解決実績8万件以上
  • 全国対応
  • 24時間・365日対応
  • テレビでの調査実績も多数
原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

◆今すぐ依頼するならこちら↓ 人探し・家出