人探し

MENU

テレビ番組に人探しを依頼するメリット・デメリット

テレビ番組で人探しの番組を見たことがある人も多いでしょう。
1990年代に流行した、「目撃!ドキュン」「完全特捜宣言!あなたに逢いたい」「嗚呼!バラ色の珍生!!」を走りに、最近では「奇跡の扉 TVのチカラ」「徳光和夫の感動再会"逢いたい"」「泣いた笑った! ご対面あの人に会いたい」などがよく知られるところで、放送されれば涙の再会シーンが人気を呼び高視聴率を記録しています。

 

番組で人探しをするメリット

話を本題に戻しますが、メリットと言ったらやっぱり、テレビ番組の影響力と拡散力からくる関係情報の集まりやすさでしょう。
その情報のおかげで解決した事件、見つかった人の多さは凄い物が有ります。
番組を見てたからこその情報も多く、マスコミや報道の影響力を感じます。
公開情報が出てる分、警察の負担も軽くなりますので効率も上がります。
また、番組では実力のある探偵事務所が実際に人探しをしてくれたりしますので、無料で探偵の力を借りることもできますね。

 

番組で人探しをするデメリット

それに対してデメリットは、テレビで懸賞金が出るという情報も流れる為に、懸賞金目当てでガセの情報も多いという事です。
その為に警察署の電話回線も混みあい、大事な情報を逃す事も有ります。
送られてくる情報の半分以上はガセ情報らしいですので、警察も情報の判別が凄い大変みたいです。
また、大きな問題となるのが、依頼者の個人情報などが流出してしまうことです。
番組ではもちろん仮名やモザイクで対象者や依頼者を守っていますが、エピソードや雰囲気、回りの風景などから故人が特定されてしまい、出演者が不利益を被ることも少なくありません。

 

テレビ番組は人探し解決の近道

人探しをするには、競争は激しいかもしれませんが、番組で取り上げられるということは1番情報が集まり解決の近道かもしれません。
また匿名だと、その後連絡を取って細かい情報を聞けないうえに、ガセ情報が多いらしく対応しきれないので基本的には匿名の情報は無視するようです。
それにその番組を、犯人が見ている可能性も有るという事です。
しかしこういう番組はマスコミ、報道を生かしてくれる番組ではないでしょうか。

 

数多くの人探し番組でその実力を発揮してきた原一探偵事務所

「徳光和夫の感動再会"逢いたい"」シリーズや、「どうしても会いたい!大切なあの人を大捜索!」「失踪人追跡スペシャル」「家族が絶体絶命!失踪人を探せ」など、数多くの番組に調査協力を行い、その実力を日本中に知らしめてきたのが原一探偵事務所です。
テレビ番組への応募だと、取り上げられない可能性がとても高いですしが、原一探偵事務所は24時間相談窓口を開放しているので一度相談してみるといいですよ。

 

テレビ番組に人探しを依頼するメリット・デメリット

テレビ番組に人探しを依頼するメリット・デメリット

    原一探偵事務所のポイント
  • 調査実績41年
  • 解決実績8万件以上
  • 全国対応
  • 24時間・365日対応
  • テレビでの調査実績も多数
原一探偵事務所に突撃取材!
原一探偵事務所に2回めの突撃取材!

◆今すぐ依頼するならこちら↓ 人探し・家出

 

人探しを自力で行うための手段