個人信用情報機関から情報を開示する方法まとめ | 銀行カードローンLAB

個人信用情報機関から情報を開示する方法まとめ

個人信用情報機関の情報開示とは?

カードローンやクレジットカードなどに申し込むと、自分の個人情報はその会社だけでなく、第三者である個人信用情報機関に登録されます。
現在、日本にある個人信用情報機関は、JICC(日本信用情報機構)、CIC(シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人情報センター)の3つです。
カード会社などは、そのいずれか、または複数の個人信用情報機関に加盟しています。
それらの機関には申し込み時の基本情報だけでなく、利用する度に情報は追加されていくのです。
そして、返済の延滞や債務整理などの事実も事故情報としてしっかり登録されます。
その事故情報は、俗にいう「ブラックリスト」です。
ブラックリストは、3つの個人情報機関の間で「CRIN」というシステムで共有されるため、どこの会社に申し込もうと隠すことはできません。

ブラックリストには、身に覚えのある情報もあれば、無意識のうちにブラックになっていた、というような情報もあるでしょう。
また、情報にはそれぞれ登録されている期間がありますが、自分のブラックリストがいまも有効なのか気になりますね。
登録されている自分の信用情報を知る方法、それは情報開示を請求することです。
信用情報は、金融機関と3つの個人信用情報機関の間だけでの極秘情報 ではなく、管理されているのはあくまで個人情報なので、本人に知りたいという意思があれば開示も可能なのです。
しかし、原則として情報を請求できるのは本人のみです。
法定代理人などでないかぎり、家族でも本人の了承が無ければ情報を開示することはできません。
機関ごとに開示情報の請求方法も違ってきますので、詳しく解説していきましょう。

JICCの開示請求方法

JICCへの開示請求には、以下の3通りの方法があります。

スマートフォンで請求

まず、JICCのサイト内にあるQRコードを読み取り、「スマートフォン開示受付サービス」の専用アプリをダウンロードします。(「App Store」、「Google Play」からもダウンロード可)
パスワードを発行し、アプリ内で申し込み内容を入力。
本人確認書類も、その場で撮影した画像データを送信できます。
開示結果は、手続完了後に簡易書留で郵送されます。
開示手数料は1000円で、クレジットカード、コンビニ支払い、オンラインバンキングなどが
選べます。
パスワード発行の際に、JICCからメールが届くので、迷惑メール設定をしている場合は予めメールが受け取れるように設定しておきましょう。

郵送で請求

指定の住所宛に、以下の書類を揃えて郵送します。

●信用情報開示申込書 (JICCサイト内の「開示申込書作成フォーム」より、必要事項を入力し出力する)
●手数料1000円分の定額小為替証書(クレジットカードで支払う場合は不要)
●本人確認書類のコピー

開示結果は、書類送付後から1週間~10日ほどで簡易書留で郵送されます。

窓口で請求

以下の書類を揃えて、JICCの窓口で手続きをします。

●信用情報開示申込書(窓口に備えあり)
●手数料500円
●本人確認書類(原本)

窓口は、東京開示センターと大阪開示センターの二か所になります。
受付時間は、月~金(祝日、年末年始除く)の10時~16時です。
その場で開示結果を受け取ることができます。

CICの開示請求方法

CICへの開示請求には、以下の3通りの方法があります。

インターネットで請求

パソコン、スマートフォンからWEBで請求ができます。
手続きの前に、まずは電話にて「受付番号」を取得します。
その電話は、利用しているクレジットカード会社に届けている電話番号からかけないといけません。
受付番号を取得したら、1時間以内にCICサイト内から手続きを開始します。
開示報告書は画面上で確認することができます。
報告書の閲覧には「Adobe Reader」が必要になるので、事前にインストールしておきましょう。

手数料は1000円で、クレジットカード払いになります。
96時間以内であれば、開示報告書を再開示できますが、それ以降は再手続きとなるため手数料がかかります。

郵送で請求

指定の住所宛に、以下の書類を揃えて郵送します。

●信用情報開示申込書 (CICサイト内より、申込書を作成し出力する)
●手数料1000円分の定額小為替証書
●本人確認書類のコピー(戸籍抄本、謄本・住民票・印鑑登録証明書を提出する場合は原本)

開示 報告書は、書類送付後から10日ほどで簡易書留で郵送されます。

窓口で請求

以下の書類を揃えて、CICの窓口で手続きをします。
窓口でも、クレジットカード会社に届けている電話番号が必要になるので確認したうえで向かいましょう。

●手数料500円
●本人確認書類(原本)

窓口は全国に七カ所あり、受付時間は、月~金(祝日、年末年始除く)の10時~12時、13時~16時です。
窓口には、セルフ開示端末の「C-touch」が設置されています。
手続きに必要な項目を入力した後、受付カウンターで本人確認書類を提示して「開示報告書」を受け取ります。

KSCの開示請求方法

KSCへの開示請求は、郵送による申し込みのみになります。

指定の住所宛に、以下の書類を揃えて郵送します。

●登録情報開示申込書 (KSCサイト内でPDFダウンロード、もしくはコンビニでマルチコピープリントも可能)
●手数料1000円分の定額小為替証書
●本人確認資料のコピー2種類(戸籍抄本、謄本・住民票・印鑑登録証明書を提出する場合は原本)

登録情報開示申込書は、入力用と手書き用、さらにコンビニプリント用の三種類の様式があります。
本人確認資料は2種類必要で、その内の1種類は現住所が確認できるものを用意します。
開示報告書は、原則として「本人限定受取郵便(特例型)」での郵送、本人の希望により簡易書留も選択できます。
速達を希望する場合は、郵送代金として280円分の切手の同封が必要になります。

不安なら申し込む前に確認を!ローン審査を左右する個人信用情報は開示請求がおすすめ

上記で解説した開示請求方法は、個人での申し込み方法です。
法定代理人・任意代理人が開示請求する場合は、インターネットでの申し込みは不可で、郵送と窓口のみになります。
書類に関しては、法定代理人の場合は裁判所の決定通知書などの資格証明が、任意代理人の場合は、委任状と委任状に押印した印鑑登録証明などが必要になります。
本人が亡くなっている場合は、法定相続人によって開示請求することもできます。
その場合は、相続人の戸籍謄本や開示対象者の死亡を証明する書類が必要になります。

ローン審査では、申し込み者の属性スコアリング以上に個人信用情報は重視されるものです。
延滞、債務整理など不審な情報、そのようなリスクの多い申し込み者を避けるのは当然ですね。
自分がブラックリストだとわからず、むやみに申し込みをし、審査落ちを繰り返して申し込みブラックになってしまっては、まさにブラックの上乗せです。
そのような事態を避けるためにも、自分の個人信用情報の開示請求を行うのがおすすめです。
信用情報には、それぞれ登録される期間があるので、ブラックリストが残っている間はじっと我慢!
個人信用情報がキレイになってから、新たなカードローンなどの申し込みをするのが賢明でしょう。

注目の銀行カードローン

三井住友銀行公式サイト
三井住友銀行
返済の負担が少ないから自分のペースでしっかり頼れるカードローン!