銀行カードローンの審査は緩い?銀行で通りやすい属性はこれだ! | 銀行カードローンLAB

銀行カードローンの審査は緩い?銀行で通りやすい属性はこれだ!

緩い?厳しい?銀行カードローンの審査の現状

カードローンを利用する時、何を基準に選択しますか?
金利や融資までの早さなど、選ぶ基準はそれぞれあると思いますが、審査に通らなければ始まりませんね。
銀行カードローンは審査が厳しい、というイメージを多くの人が持っていると思います。
しかし、近年の銀行カードローンは消費者金融化し、融資までの早さや収入証明不要といった点で人気となっていました。
それに、消費者金融などが総量規制で年収の1/3までしか借りられないのに対し、銀行カードローンは総量規制対象外。
銀行ならではの金利の低さもあり、銀行カードローンの利用者は一時期消費者金融を大きく上回っていたのです。

しかし、「銀行カードローンは緩い、審査に通りやすい」という認識は現状では違っています。
節操のない過剰融資が問題となり、2017年の金融庁の立入り調査を機に、銀行カードローンの審査は2018年から一部大きな変更点があります。
それは「本人確認の際に警視庁のデータベースへ照会をかける」という点です。
その目的は、反社会勢力への融資を防ぐことが主な主旨であり、一般人や前科の無い人にとってはあまり関係がありません。
しかし、このデータベースへの照会には時間がかかってしまうために、即日融資が不可能になってしまいました。
審査が厳しくなった、というよりも「即日融資が停止」という点で、現在の銀行カードローンは利便さに欠いたものとなってしまいました。

また、今までの銀行カードローンでは収入証明不要で100万単位のお金を借りることも可能でした。
しかし、現在では50万円を超える貸付、または他社との合計が100万円を超える貸付に関しては収入証明書の提出が必要となっています。
さらに、自主的に総量規制に準じた貸付限度額を設ける銀行も増えており、安易に希望額を借りられなくなったことは確かです。
世論や金融庁からの警告もあり、現在の銀行カードローンは審査を厳格化する姿勢を見せているため「審査の緩いカードローン」とはいえなくなっているのです。

こんな人は有利!審査に通りやすい属性

しかし、銀行がお金を貸し渋っている訳ではありません。
貸せる人にはどんどん貸したい、というのが銀行カードローンの本意です。
実際に、どのような条件の人だと有利に借りられるのでしょうか?

カードローンには審査基準がありますが、銀行がどんな「属性」を重視しているのかが問題です。
属性とは、大まかにいうと「申し込み者の個人情報」です。
その個人情報の中でも銀行カードローンが最も重視している属性は、以下の四つでしょう。

1.年齢
2.職業
3.年収
4.勤続年数

この四つの属性から読めるキーワードは「将来性と安定」です。
一つ目の「年齢」は、体力や精神力も高い若い年代が一番望まれます。
俗にいう「働き盛り」である40代や50代は、社会的地位もあり安定していますが、貸す側が求める一番の年代ではありません。
20代や30代は、この先も稼げる年数が長く、そして仕事を辞めたとしてもすぐに次の仕事が見つかる年代です。
収入が途切れないであろう、と見込まれており、アルバイトやフリーターでも審査に通りやすい最適な属性といえます。

二つ目の「職業」で求められるのは安定です。
公務員や正社員、社会的信用のある専門的な仕事などに従事している場合は安定性があるので有利といえます。
高収入であっても、日雇いの仕事や水商売、自由業は不利な傾向にあります。

三つ目の「年収」は、高額融資を希望する場合において重視されます。
50万円以上の融資を希望するのであれば、収入証明書で判断されるので融資の可否がわかりやすいでしょう。
しかし、収入に見合った金額を希望するのであれば、さほど重要ではない属性ともいえます。

四つ目の「勤続年数」、ここは重要視される属性です。
堅い会社であっても、勤続年数が短いと職を転々としている印象を与えてしまいます。
長く勤めているという事は、それだけ安定性も将来性もあり、信用を持たれるのです。
アルバイトであっても、勤続年数が長いと審査に通りやすいです。
一般的に5年以上の勤続年数があれば、高評価を得られるでしょう。

スコアリング対策!銀行カードローンの審査に通るコツとは?

銀行カードローンに通りやすい属性から判断すると、審査に適した人の特徴は「若く、一つの職場に長く勤務し、安定した高収入のある人」という事になります。
しかし、それらすべての属性に当てはまらないといけないわけではありません。
ここからは、銀行カードローンの審査に通るコツを見ていきましょう。

カードローンの審査には、スコアリングシステムが用いられています。
スコアリングとは、申し込み者の個人情報を基に、各属性を点数化して信用判定を行う方法です。
申し込み者の属性は人それぞれなので、比較し判定するのは単純ではありません。
しかし、属性を点数化することで、審査基準を満たしているかどうかが一目瞭然になるというわけです。

銀行カードローンの審査に通るためには、このスコアリング審査で高得点を得る必要があります。
スコアリングの内容は公表されていませんし、各社によって違いもありますが、先述した銀行が重視するであろう属性を満たしていることは強みになってきます。
しかし、年齢や仕事、勤続年数などは、あがいてどうにかなるものでもありません。
自分がそれらの属性で弱いと感じるならば、その他の属性でコツコツと点数を稼ぐのも1つの方法です。
例えば、携帯電話のみの人は固定電話を引く、なおかつタウンページに登録するとより良いでしょう。
一人暮らしよりも家族との同居が有利なので、実家に引っ越す、他にも健康保険に加入する、など自分の信用度を上げる努力がスコアリングを高めることに繋がります。

また、スコアリングと共に重要なのが信用情報です。
不利な情報は、審査の結果に大きく影響してきます。
複数の借入がある場合も注意が必要ですが、過去に延滞トラブルがあったり、債務整理の記録が残っているなど、信用情報に事故情報がある場合は、審査には通らないという事を覚えておきましょう。

銀行カードローンに適しているか?申し込む前のセルフチェックで審査の結果は変わる!

銀行カードローンで確実にお金を借りるために大事なのは、申し込む前に自分の属性をセルフチェックすることです。
審査に通るカードローンを見つける、そこにばかり目がいってしまいがちですが、まずは審査に通る自分になることが近道かもしれません。

銀行カードローンの審査は、実質保証会社がやっています。
保証会社の多くは消費者金融が担っており、申し込む銀行によって保証会社が被ってしまうことがあるのです。
保証会社をチェックせずに銀行カードローンに闇雲に申し込んでしまうと、審査落ちを繰り返してしまうことになります。
焦って短期間に3社以上に申し込んでしまうと「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、審査に通らなくなるので注意しましょう。

自分の属性をランクアップする、というのは融資を急いでいる時は厳しいでしょう。
「備えあれば憂いなし」で、普段からいざという時に難なく融資を受けられるように、銀行カードローンの審査に適した属性に身を置きたいものですね。

注目の銀行カードローン

三井住友銀行公式サイト
三井住友銀行
返済の負担が少ないから自分のペースでしっかり頼れるカードローン!