銀行カードローンは返済しやすい?ATMや口座引落について

銀行カードローンの返済方法の種類について

銀行カードローンを検討する時にまず重視するのは、金利、限度額、審査の通りやすさ、などでしょう。
そして、借りやすさ、という点で具体的な借り入れの方法も必ずチェックするものです。
しかし、意外と軽視されがちなのが「返済のしやすさ」です。
借り入れに返済は付き物なのに、返済方法に関してはあまり気が回らない人が多いのではないでしょうか?
ですが、スムーズに返していくために返済の利便性は意外と大事なものです。

銀行カードローンの返済方法は、口座引落のイメージが強いと思いますが、それだけではありません。
ATMでの返済や、振込での返済、さらに振込はネットバンキングに対応しているところも多くあります。
銀行でも消費者金融でも、借りたお金の返済には「約定返済」と「随時返済」があります。
約定返済とは、借り入れ時の契約の条件として、毎月決まった期日に決まった金額を返済するということです。
これに対し、随時返済は好きな時に好きな金額を返済することで、追加返済や任意返済ともいいます。
約定返済を口座引落にして、余裕がある時にATMや振込で随時返済をする、という方法を取ったり、もちろんATMやネットバンキングを約定返済の方法とするのも良いでしょう。

提携ATMや手数料は?気になる返済方法の詳細について

銀行カードローンの返済方法について、具体的にみていきましょう。

口座引落での返済

借入残高に応じた金額が、毎月決まった日に口座から引落されます。
口座引落は自行の口座から引落とする銀行が多いですが、「楽天銀行」「イオン銀行」「オリックス銀行」などは他行の口座でも大丈夫です。
返済日を選ぶことができる銀行も多いので、給料日の後など残高に余裕のあるタイミングに指定できるのが嬉しいですね。
ただ、口座引落にした場合は通帳に記載されてしまうため、家族などに知られてしまう可能性が高いのが難点でもあります。

ATMでの返済

ATMでの返済は、カードローン利用者に人気の返済方法です。
自行のATMだけでなく、提携ATMも利用できます。
提携ATMはコンビニATMを採用している銀行が多いので、買い物のついでに返済できる手軽さが魅力です。
自行ATMはもちろん、提携ATMの手数料も無料、24時間利用可能な銀行も多いので利便性の高い返済方法といえます。

下記は、人気の銀行カードローンの返済方法と提携ATMについてまとめたものです。
※提携先ATMは、借入と返済が両方可能なところのみ記載

返済方法 提携ATM ATM手数料 利用時間帯
三井住友銀行 ATM

口座振替

振込み(ネットバンキング可)

E-net

ローソン

セブン銀行

ゆうちょ銀行

無料 24時間

※ゆうちょ銀行・提携先金融機関は、設置場所により利用時間が異なります

三菱UFJ銀行 ATM

口座引落

振込み(ネットバンキング可)

E-net

ローソン

セブン銀行

無料 0:10~23:50

※月曜日の1:00~5:00と、毎月第2土曜日の21:00~7:00を除く

みずほ銀行 ATM

口座引落

振込み(ネットバンキング可)

E-net

ローソン

セブン銀行

※ゆうちょ銀行

※提携先金融機関

(※キャッシュカード兼用型では利用できない取引あり)

  • 平日

8:45~18:00/無料
8:00~8:45、23:00~24:00/108円

23:00~8:00/216円

  • 土日祝

8:00~23:00/108円
23:00~8:00/216円

  • 平日24時間

(返済のみ8:45~18:00)

  • 土曜0:00~22:00

(返済のみ9:00~17:00)

  • 日曜8:00~24:00

(返済のみ9:00~17:00)

楽天銀行 ATM

口座引落

振込み(ネットバンキング可)

E-net

ローソン

セブン銀行

イオン銀行

みずほ銀行

三井住友銀行

三菱UFJ銀行

りそな銀行

しんきんバンク

他、全国地方銀行多数

  • 無料ATM

コンビニATM
イオン銀行

みずほ銀行

三井住友銀行

  • 有料ATM

(1万円以下108円、1万円超216円)

三菱UFJ銀行

しんきんバンク

りそな銀行

全国地方銀行

※返済は全ATMで無料

  • コンビニATM

ローソン

E-net

イオン銀行

0:05~23:45

セブン銀行

0:05~23:50

  • 銀行ATMは、各行により利用時間が異なります

銀カードローンの返済方法は、どこも大差はありません。
提携ATMは、コンビニATMを採用しているところが多く、手数料に関しても無料のところがほとんどであり、ほぼ終日利用できます。
特に楽天銀行は、コンビニATMはもちろん、都市銀行や地方銀行も多数提携している点も魅力でしょう。

振込での返済

ネットバンキングでの振込返済を行っている銀行も多く、いつでもどこからでも返済ができるのが魅力です。
パソコンはもちろん、スマホからも手続きが出来るため、思い立った時にいつでも返済ができます。
ネットを介さずに返済用口座に直接振込むこともできますが、時間帯によって手数料がかかる場合が多いでしょう。

利便性が高いのはどっち?銀行カードローンと消費者金融の返済方法を比較

銀行カードローンの返済方法は充実しているといえますが、消費者金融と比べてみるとどうでしょうか?
銀行カードローンのアピールポイントが「低金利、安心感」であるとしたら、「手軽さ、早さ」といった便利さが売りともいえる消費者金融。
返済方法に関して利便性が高いのは、はたしてどちらでしょうか?

消費者金融の返済方法は、「口座引落」「ATM」「振込み」「店頭窓口」が選択でき、振込みではネットバンキングも利用できます。
店頭窓口で相談をしながら返済ができるのは、銀行カードローンにはない利点です。
自社ATMに加えて提携ATMも多く、銀行カードローンと同様にコンビニATMも主な消費者金融ではもちろん利用できます。
ネットバンキングが利用できるインターネット返済は、各社の公式サイトから簡単操作で返済ができます。

比較してみると、返済方法の利便性としては銀行カードローンよりも消費者金融の方が優れているといえます。
しかし、消費者金融の返済で注意しなければいけないのは「提携ATMの手数料」です。
自社ATMは無料ですが「セブン銀行」「ローソン」「E-net」のコンビニの提携ATMは全て有料なのです。
1万円以下は108円、1万円超は216円、1回ごとの取引で手数料がかかってしまいます。
消費者金融の利用者の傾向として、返済にコンビニATMを利用している人が多いのですが毎回手数料を取られるとなると勿体ないものです。
たかが100円、200円と思っても、払い続けた金額を利息分に換算してみると、高い利息を払ったようになってしまいます。
銀行カードローンの多くは、コンビニの提携ATMの手数料が無料で利用できます。
その点は、消費者金融に比べて大きく評価できるのではないでしょうか?

銀行カードローンの返済は口座引落だけじゃない!随時返済にATMやネットバンキングも上手く利用しよう

カードローンの返済忘れを防ぐためにも、約定返済には口座引落が最適でしょう。
しかし、ちょっとした臨時収入があった、今月は余裕があった、という時にこまめに随時返済をしておくと完済が早くなり、利息も少なく済みます。
銀行カードローンのメリットである、コンビニATMの手数料無料という点でいつでも安心して随時返済ができます。

また、ネットバンキングでの返済も24時間いつでも可能なうえに手数料も不要です。
三菱UFJ銀行なら「三菱UFJダイレクト」、みずほ銀行なら「みずほダイレクト」、三井住友銀行なら「SMBダイレクト」、といったネットバンキングでスムーズに返済できるので口座を持っているなら登録しておくと便利です。
低金利だけではなく、返済方法についてもなかなかの利便性を発揮している銀行カードローン。
お金を借りる時には、その後返済していくイメージもしっかりと持って、一番都合の良いカードローンを選びましょう。

注目の銀行カードローン

三井住友銀行公式サイト
三井住友銀行
返済の負担が少ないから自分のペースでしっかり頼れるカードローン!