みずほ銀行のカードローン【申込み・審査・借入・返済までの流れ】 | 銀行カードローンLAB

みずほ銀行のカードローン【申込み・審査・借入・返済までの流れ】

みずほ銀行カードローンの特徴とは

みずほ銀行カードローンの借入には普通預金口座の所有が必須です。
カードは「キャッシュカード兼用型」と「カードローン専用型」があり、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

また、みずほ銀行カードローンには、次のようなメリットがあります。
<低金利で借入可能>
みずほ銀行カードローンの利用限度額は800万円、金利は2.0~14.0%であり、上限金利・下限金利ともに低いことが大きなメリットです。
ちなみに、三井住友銀行カードローンの金利は4.0~14.5%に設定されています。
みずほ銀行で住宅ローン契約のある人は、同じ店舗でカードローンを申込むことで、カードローン金利がさらに0.5%低くなります。

<普通預金口座に連動したサービス>
・自動貸越機能
キャッシュカード兼用型カードでは、普通預金を引き出すときに不足分を補います。
・スイングサービス
口座引落時の残高不足をカバーする「自動融資サービス」と、カードローン口座がプラスになったとき返済用普通預金口座へ入金する「自動振替サービス」があります。

一方、みずほ銀行カードローンのデメリットを知ることも大切です。
<口座開設が必須>
普通預金口座の所有が必須で、口座開設に手間暇が掛かることがデメリットにもなります。
口座開設はカードローン申込みと同時に行うことができます。

<ATM手数料が掛かる>
みずほ銀行カードローンの利用には、ATM手数料が掛かる場合があります。
たとえば、コンビニATMでは平日8:45~18:00は利用手数料のみの108円、それ以外は時間外手数料も加えた216円の手数料ということになります。

<借入可能になるまでの期間がまちまち>
みずほ銀行カードローンの申込み方法が多く、借入可能になるまでの期間がまちまちです。
みずほ銀行普通預金口座の有無や、カードの種類(キャッシュカード兼用型、カードローン専用型)によっても変わってきます。

みずほ銀行カードローン申込み完了までの流れを押さえよう

みずほ銀行カードローンの申込みには、インターネット・郵送(メールオーダー)・電話・店頭という4つの方法があります。
借入申込みから利用開始までの主な流れは次の通りです。

(1)申込み

インターネット、郵便はいつでも可能ですが、電話申し込みは平日9:00~20:00、店頭申し込みは業務時間内にする必要があります。
店頭と郵送の場合は、申し込み時点で必要書類【本人確認書類、収入証明書類(利用限度額50万円超の場合)】も提出します。

(2)審査

銀行と保証会社による審査を受けます。
申込み内容について、保証会社から電話で問い合わせの可能性もあります。

(3)審査結果の連絡

審査通過の連絡がきたら、手続きに移ります。

(4)手続き

インターネットの場合、専用URLに必要書類をアップロードします。
そのほかの方法で申し込み時に必要書類を提出していない場合は、契約書に同封して郵送します。

(5)利用開始

確認ができ、手元にカードがあれば利用可能です。

カードの種類は、キャッシュカード兼用型とカードローン専用型の2種類です。
既にみずほ銀行のキャッシュカードを持っている場合、利用開始までが早いのはキャッシュカード兼用型で、手持ちのキャッシュカードをそのまま借入に使えます。
カードローン専用型を選んだときは、手続き完了からカードが届くまで1~2週間掛かります。
なお、カードローンの審査に通らなかった場合、インターネット申込み以外は郵送で通知されます。

みずほ銀行の借入に必要な条件や準備する書類は

みずほ銀行カードローンを利用するには、しかるべき審査に通る必要があります。
そのためには、借入に必要な条件や準備する書類を知っておきましょう。

<借入に必要な条件>
日本国内に在住していて安定した収入がある満20歳~66歳未満の方
※外国籍の方は永住許可を受けていること
※所定の保証会社の保証が受けられること

<準備する書類>
・本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証、パスポートなど)
・収入証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書など)
※本人確認書類と所得証明書類はいずれも1通(写し)を用意
※収入証明書類は、利用限度額が50万円超の場合は必要
※返済用口座開設済みの場合は届出印も必要

なお、必要書類の準備方法は、申込み方法によって異なります。
インターネットでの申込みをする場合は、撮影またはスキャンしたものをアップロードします。

借入審査に通るために知っておきたいこととは

カードローンを借りるためには返済能力の有無が関係してきますが、いくらの収入があれば借入可能なのか記載されていません。
しかし、銀行の過剰融資を防ぐために、総量規制の適用を受ける「消費者金融キャッシング」並みに、借入限度額が引き下げられています。

その結果、年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。
他社で借入をしている人は、借入件数はもちろんのこと、借入総額にも注意しましょう。

なお、カードローンの借入に必要な審査を行うのは、みずほ銀行と株式会社オリエントコーポレーションです。
ちなみに、株式会社オリエントコーポレーションは保証会社です。
保証会社があるため、申込者が担保や保証人を用意する必要はありません。

みずほ銀行の借入にはどんな方法があるの

カードローンでお金を借りるときは、下記の2つの方法があります。
・ATMからの借入(1日の利用限度額はみずほ銀行が定めた範囲内)
・みずほダイレクトでの借入(サービスに登録しておくと、パソコン・スマホ・電話からみずほ銀行の口座への振込手続きが可能)

みずほ銀行カードローンの利用限度額は100万円未満では10万円・20万円・30万円・50万円、100万円以上であれば800万円まで100万円単位で設定(ただし、インターネットで申し込む場合は、50万円単位も可)できます。

利用限度額の増枠を希望するときは、現在利用中のカードローンとは別に、新規の申込みが必要です。
申込みはインターネット・電話・郵送・店頭で行い、審査に通過すると、現在利用しているカードローンの限度額に反映されます。

みずほ銀行の返済方法も確認しておこう

カードローンの返済方法は下記の3つの方法があります。
カードローンの約定返済は自動引き落とし(毎月10日)のみとなっています。
任意返済はATMからの入金、または、みずほダイレクトからの手続きが可能です。

みずほ銀行の返済方式は「残高スライド方式」で、前月10日現在の借入残高によって返済額が決まります。
約定返済額は利用限度額と利用残高によって変わります。
利用限度額が200万円以上であれば、約定返済額は1~100万円の場合1万円、以降100万円ごとに1万円ずつ増えます。
利用限度額200万円以下であれば、約定返済額は1~50万円で1万円、以降50万円ごとに1万円増えます。
なお、利用残高は貸越元金に利息を含めた残高となるため、借入元金とは異なります。

みずほ銀行カードローンの特徴を知って有効活用しよう

みずほ銀行は、三大メガバンクのひとつであり、国内だけでも421の本支店と45の出張所を有しています。(2017年6月30日現在)

カードローンの借入方法には、インターネット・電話・郵送(メールオーダー)のほか、店頭での申込みがあります。
そのため、店舗まで出向いて手続きしたほうが早いかもしれませんね。
また、少し田舎では店舗が少ないこともありますが、その場合はインターネットでも申し込めるので、不便に感じることは少ないでしょう。

みずほ銀行カードローンの利用には、みずほ銀行普通預金口座の開設が不可欠です。
口座を持っていない人は面倒に感じることもでてきます。
既に口座を所有している人が、キャッシュカードを兼用する申し込みをすれば、審査に通過直後から、そのキャッシュカードですぐに借入ができます。
口座を持っていない人は、店頭で口座開設とカードローン申し込みを同時に申し込めば、審査通過してカードが届き次第、すぐ利用できます。
しかし、インターネットでの口座開設は3週間ほどかかるため、審査に通ってカードが届いても利用することができないからです。

ちなみに、普通預金口座を持ち、キャッシュカード兼用型にすることで、自動融資機能やスイングサービスなどを受けられるメリットがあります。

一方、借入はATMとみずほダイレクト、返済はみずほ銀行普通預金口座引落のため、選択肢の少なさがデメリットです。
ATMによっては手数料がかからない場合もあります。
自社ATMはもちろんですが、イオン銀行、ステーションATM「Patsat」も、平日手数料無料です。
ただ、オリックス銀行のように、自社ATMを持たない銀行が、提携ATM(主にコンビニなど)の手数料を無料にしていることに比べると、不便に感じる人も多いのではないでしょうか。

なお、みずほ銀行カードローンは、キャッシュカード兼用型とカードローン専用型から選べます。
みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行に普通預金口座を持っている人にはもちろんおすすめです。
しかし、口座を持っていない人でも、借入を急がないのであれば、金利が低く、みずほ銀行というブランド力で安心、かつ郵送物で家族にばれることが少ないというメリットがあります。
カードローンを作る際には、候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

注目の銀行カードローン

三井住友銀行公式サイト
三井住友銀行
返済の負担が少ないから自分のペースでしっかり頼れるカードローン!