ローンの様々な返済方法の種類について解説します! | 銀行カードローンLAB

ローンの様々な返済方法の種類について解説します!

お金を借りるときは返済方法を確認しよう

借入のなかには、銀行カードローンや消費者金融キャッシングのように、使用目的が自由なものが存在します。
借入を申し込むときに、希望する金額が借りられるかどうか不安ですよね。
希望の金額を借りるために、年齢や年収などの審査条件を気にする人は多いでしょう。
一方、返済のことまで考えて借入の申し込みをする人は少ないのではないでしょうか。 

しかし、返済方法を無視すると、たちまち困惑することにもなります。
借入の目的が叶って安心する暇もなく、月々の返済が待っているからです。
返済が滞ると「遅延損害金」が発生するだけでなく、個人信用情報に「未納」や「滞納」などの事故歴が残ってしまいます。
その結果、事故情報が信用情報に記録されてから5年間は借り入れできなくなるなど、不利な状況に陥ることを知っておきましょう。

このような理由から、銀行カードローンなどの借入に際しては「返済方法」を確認することがポイントです。
また、カードローンの返済方式としてほとんど取り入れられている「残高スライド返済」についてはこちらをご参照ください。

銀行カードローンなどの返済方法にはどのような種類があるの?

まず、銀行カードローンなどの返済方法には、月々の「約定返済」と任意で行う「随時返済」があります。
これらの返済方法のなかで不可欠なのが約定返済です。
約定返済には、次のような種類があります。

ATMからの返済

最も多い返済方法で、返済には自社ATMや提携先ATMを利用します。
自宅や勤務先の近くなど、普段の生活圏内にATMがある場合は便利です。
最近は、コンビニATMと提携している業者が多いので利用しやすいですね。
また、ATMを随時返済に利用することも少なくありません。
ATMから返済すると、借入を知られにくいメリットもあります。

銀行口座への振り込み

毎月の返済日までに、ATMや銀行窓口などから指定先の銀行口座へ振り込みを行います。
こちらも、借入していることが知られにくいです。
ただし、銀行は15時までが営業時間なので、そこを超えての振り込み処理は翌営業日となってしまいます。
日にちもそうですが、振込み時間にも気を配り、余裕を持って振り込みましょう。

銀行口座からの引き落とし

事前に手続きを行うことで、自分の銀行口座から自動的に引き落とされます。
引落不能を避けるために、銀行の前営業日までの残高確認は不可欠です。
また、通帳に記録が残ることから、通帳の扱いはくれぐれも慎重にしたいところです。  

インターネットバンキングでの返済

インターネットバンキングの普及にともない、近年増加傾向がみられます。
24時間・365日利用可能なところや、返済すると即時反映可能なところもあります。
こちらも返済記録が残りますが、インターネットバンキングはWEB明細の確認で通帳記入が必要ないので、借り入れが誰かにばれる心配が少ないのも特徴です。

店舗窓口での返済

借入先まで出向いて返済する方法です。
対面による返済のため、機械トラブルなどもなく確実に返済できます。
ただし、店舗まで遠い人には不便なほか、窓口の営業時間にも要注意です。

返済方法は自分の生活スタイルに合ったものから選ぶのが鉄則!

銀行カードローンや消費者金融キャッシングを利用すると、月々の約定返済を避けることができません。
スムーズな返済をするためには、返済方法の種類や違いについて把握することが大事です。
そのうえで、自分の生活スタイルに合った返済方法を選びましょう。

便利さを優先するのなら、身近なATMからの返済や銀行口座からの引き落とし、インターネットバンキングの利用がおすすめです。
ただし、口座引き落としを利用すると通帳に記録が残るため、それを避けたい人は別の返済方法を考えましょう。

借入返済に関しては、手数料の有無や金額を確認することも大切です。
提携ATMでなければ利用手数料、他行への振り込みであれば振り込み手数料など、返済方法によっては手数料がかかるものもあります。
しかし、提携ATMからの返済は手数料無料という業者が増えていますし、提携インターネットバンキングであれば、振込手数料が無料という業者もあり、スマホからもできるというメリットがあります。
そのため、店舗に出向いて返済している人のほうが少ない傾向がみられます。  

このような背景もあり、自宅や職場から近いところから返済するのか、自動で引き落とされるのを期待するのかなど、なにを優先するのがよいかは一概にはいえないでしょう。
ちなみに支払いに出向いたり、振り込み操作をしたりする必要のない、銀行引き落としが一番楽な方法といえます。
借入先ではどのような返済が可能なのか、きちんと確認することが大切です。
そのうえで、なるべく多くの返済方法があるところを選びましょう。

返済を計画的に行うなら随時返済も取り入れてみよう

銀行カードローンや消費者金融キャッシングを利用したときは、返済計画を立てて少しでも早い完済を目指すことが大切です。
そのためには、月々の約定返済だけでなく、任意で行う随時返済を積極的に取り入れていきましょう。
約定返済の内訳は元金と利息ですが、随時返済ではすべて元金の返済になります。
ただし、随時返済を行った場合も、次回の約定返済を忘れないようにする必要があります。

銀行カードローンや消費者金融キャッシングの返済額は、住宅ローンなどのようにボーナス月に加算されることがありません。
そのため、自分から意識して返済回数を増やし、元金を減らすことが大事なポイントです。
ボーナス月はもちろんのこと、臨時収入が入ったときや生活費に余裕ができたときは、随時返済のチャンスではないでしょうか。

銀行カードローンなどのスムーズな返済には返済方法が鍵を握る!

 
銀行カードローンなどの返済に際しては、「返済方法」と「返済方式」の違いについて把握することが重要です。
そのうえで、借入のスムーズな返済には、返済方法が鍵を握ることを知っておきましょう。

返済方法にはATMや銀行振り込みなどの種類があるため、それらの違いを確かめたうえで、自分に合った方法を選びたいものです。
また、月々必要な約定返済だけでなく、随時返済を積極的に行うことで、早期完済を目指しましょう。

なお、銀行カードローンや消費者金融キャッシングは、借入限度額の範囲内で繰り返し利用できることが大きな魅力です。
しかし、借金が習慣にならないためにも、返済に徹するようにしましょう。

注目の銀行カードローン

三井住友銀行公式サイト
三井住友銀行
返済の負担が少ないから自分のペースでしっかり頼れるカードローン!