保証会社って何?銀行カードローンの保証会社一覧

素朴な疑問!保証会社って何?

利用者にとって、「銀行カードローン」を借りる大きなメリットは「利用目的を問われないこと」です。
マイカーローンなどのように利用目的がわかる書類が要らないため、申込準備の軽減にもつながります。
さらに嬉しいのは「担保・保証人不要」という条件です。
なぜ、そのようなことが可能なのでしょうか。
担保を用意しない人や、保証人のいない人にお金を貸すことは、銀行にとっては大変なリスクをともないます。
しかし、それができる背景には「保証会社」の存在があるからです。

保証会社とは、連帯保証人の代わりをする会社のことをいい、銀行カードローンの返済が滞ると、保証会社が銀行への立替払いをします。
いわゆる「代位弁済」です。
それにともない、利用者の返済先は銀行から保証会社へと変わります。
ただし、保証会社からは一括返済を求められることが少なくありません。
また、信用情報に「事故歴」として一定期間は記録が残るため、新たな借入はできません。そうならないためには、返済遅延が起きないように注意しましょう。

なお、保証会社の保証を受けるための手続きは要りません。
ただし、保証料の支払いは必須であり、銀行カードローンの金利に上乗せされてしまいます。
しかし、そのおかげで無担保、保証人なしを実現することができ、担保や保証人を準備できない利用者にも融資の可能性を広げる存在となっているのです。

なぜ銀行カードローンには保証会社が必要なのか

使用目的自由の融資商品には、銀行カードローンだけでなく「消費者金融キャッシング」もあります。
しかし、保証会社の審査が条件になるのは「銀行カードローンのみ」です。
このような違いがあるのは、消費者金融は自社が保証業務も担っているからです。
もちろん、自行で保証業務を行う銀行もありますが、多くの銀行は保証会社と契約を結んでいます。

銀行が保証会社を必要とする背景には、保証会社の持つノウハウにあります。
保証会社には消費者金融やクレジットカード会社が多く、なかでも、消費者金融にはキャッシングの実績がある点が大きな強みといえます。
利用者に融資可能かどうか、時間をかけて銀行が判断しなければならないところを、消費者金融は長年のデータからスコアリング審査することができるため、効率のいい審査を可能にしているのです。

保証会社は、銀行の保証会社になることによって銀行からの収入が得られます。
「改正貸金業法」の施行後、「総量規制」(年収の1/3を越えた借入不可)の影響を受け、利用者は消費者キャッシングから銀行カードローンに流れる動きがみられました。
このような背景から、銀行カードローンの審査による収入は、消費者金融にとって大きなものとなっています。

また、銀行から保証会社へ支払う手数料は、金利に上乗せる形で借入利用者が負担します。
そのため、銀行カードローンの審査を保証会社に依頼するメリットは銀行にとっても大きいのではないでしょうか。

保証会社対策!どうすれば審査に通る?

銀行カードローンを利用するためには、借入先銀行だけでなく、保証会社の審査を受ける必要があります。
これは、消費者金融キャッシングにはない、銀行カードローンならではの特徴です。
むしろ、銀行でお金を借りるためには、保証会社の審査に通ることが大きな課題になります。

まず、考えられることは他社での借入の有無です。
銀行での借入は「総量規制対象外」ですが、近年、借りすぎが問題となり、自主的に限度額を設定する銀行が増えてきた経緯があります。
そのため、銀行カードローンの申込前には、他社での借入が残っていないか確認しましょう。
ちなみに、クレジットカードのキャッシング枠は、まったく使わなくても借入とみなされます。

また、借入先の銀行だけでなく、保証会社に注意する必要があります。
保証会社には消費者金融やクレジットカード会社が多いためです。
普通に借り入れをしている場合は問題ないですが、以前の借り入れで保証会社に事故情報がある場合は審査にほぼ通りません。

短期間に複数の銀行に申し込まないことも大事です。
保証会社が同じ場合はもちろん、保証会社が違う場合でも借入申込をすると一定の期間は信用情報に残ります。
ちなみに、申し込みが続くことを「申し込みブラック」といいます。
なお、申し込みブラックが審査に通らない理由は、お金に困っているから借入を急いでおり、今後返済が滞るかもしれないためです。

主な銀行とその保証会社一覧

銀行カードローンの借入をスムーズにするには、どこが保証会社になっているのか知ることが大切です。
そのためには、保証会社一覧を有効活用しましょう。
主な銀行と保証会社は次のとおりです。

銀行 保証会社
三菱UFJ銀行 アコム株式会社
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
スルガ銀行 スルガ・キャピタル株式会社

ダイレクトワン株式会社

株式会社オリエントコーポレーション

千葉銀行 エム・ユー信用保証株式会社
静岡銀行 静銀ディーシーカード株式会社

新生フィナンシャル株式会社

りそな銀行 オリックス・クレジット株式会社

りそなカード株式会社

オリックス銀行 オリックス・クレジット株式会社

新生フィナンシャル株式会社

ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
じぶん銀行 アコム株式会社
イオン銀行 イオンクレジットサービス株式会社

オリックス・クレジット株式会社

セブン銀行 アコム株式会社

保証会社一覧からは、銀行と保証会社との関係は1対1とは限らないことがわかります。
たとえば、三菱UFJ銀行の保証会社はアコム株式会社になるため、じぶん銀行やセブン銀行との同時申込を避けることが大切です。
ただし、三菱UFJ銀行の審査に落ちても、じぶん銀行、あるいは、セブン銀行の審査に通る可能性はあります。
そのため、ある程度の期間を置いてから申し込むことも方法のひとつです。

また、イオン銀行のように、複数の保証会社と契約している銀行も少なくありません。
このような場合、複数の保証会社が同時に審査するのではなく、いずれかの審査を受ける仕組みになっています。

銀行カードローン申込時には保証会社ごとの特徴も把握しよう

銀行カードローンを借りるためには、銀行の審査だけでなく、保証会社の審査に通ることが大事だということがわかりますね。
むしろ、保証会社の審査が鍵を握るといってもよいでしょう。
借入申込をすると信用情報に記録が残るため、複数の申し込み記録があると、申し込みブラックとなり、審査に通りません。
そうならないためには、保証会社が同じでなくても、期間をあけて申し込むことが大事です。
また、借入金額が総量規制並になると借入が難しくなるため、自分の借り入れ状況を見直すことになります。

借入に際しては、保証会社の特徴を把握することが大切です。
また、複数の保証会社と提携している銀行も少なくないため、それぞれの特徴がわかると申込の目安になります。
たとえば、スルガ銀行には3つの保証会社があり、スルガ銀行の保証業務、消費者金融、クレジット会社、それぞれ独自の基準を持っているので、1つの保証会社の審査に落ちたとしても、別の保証会社で審査に通る可能性があります。

なお、銀行カードローンの審査に通らなかった場合、その理由を聞くことはできません。しかし、年収や年齢など、借入の条件は事前に確認することが可能です。
そのため、すべての条件を満たさない場合は、申込を行なわないようにしましょう。

注目の銀行カードローン

三井住友銀行公式サイト
三井住友銀行
返済の負担が少ないから自分のペースでしっかり頼れるカードローン!