銀行カードローンで借りることのメリット・デメリット

ズバリ!銀行カードローンのメリット・デメリットとは?

お金の借入先として比較されることが多い「銀行カードローン」と「消費者金融キャッシング」。
銀行カードローンの大きな特徴は「金利は低いが審査は厳しい」ということです。

一方、消費者金融キャッシングは「審査に通りやすいが金利は高い」という点です。
つまり、銀行カードローンと消費者金融キャッシング、双方のメリット・デメリットは相反すると考えるとよいでしょう。
もし、この点を見逃すと審査に引っ掛かるだけでなく、借入返済が負担になるリスクもあるため、くれぐれも注意が必要です。

銀行カードローンは「銀行法」、消費者金融キャッシングは「貸金業法」という、関係法規が異なる点も見逃せません。
銀行カードローンは、総量規制(年収1/3を超える借入不可)の適用は受けませんが、昨今の貸しすぎが問題となり、各銀行が独自の限度額を設定する動きがでています。
なお、両者の違いについては『銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いとは?』に詳しく書いています。

メリットを詳しく見ていこう

銀行カードローンの大きなメリットは金利の低さにあります。
借入金利は「利息制限法」で定められています。
具体的には「10万円未満:年20%まで」「10万円~100万円未満:年18%まで」「100万円以上:年15%まで」の三段階設定です。
金利設定の特徴を把握するときは、借入額(借入限度額)に反比例して金利が低くなるとイメージしておくとよいでしょう。
この仕組みは消費者金融キャッシングも同じです。

ただし、消費者金融のほとんどは、上限いっぱい(10~100万円未満なら18%)で金利設定しています。
一方、銀行は消費者金融と差別化のため、上限金利よりも低い金利を設定することで顧客の獲得をしています。
お目当ての銀行が求める条件を満たすのなら、銀行カードローンへの申込みを検討しましょう。

借入の最高限度額が大きいことも銀行カードローンのメリットのひとつです。
借入限度額が大きいほど金利が低くなるため、高い限度額を希望する人は銀行カードローンに申し込むとよいでしょう。
もちろん、いきなり最高限度額の設定は難しいかもしれませんが、返済実績を積むことで借入限度額のアップが期待されます。

デメリットの確認も大切

銀行カードローンに申し込むときは、デメリットを確認することも大切です。
銀行カードローンのデメリットはいくつかありますが、なかでも審査が厳しいことが大きな特徴です。
もし、審査に通らなかった場合、その理由を教えてもらうことはできません。
しかし、銀行が掲げる条件を満たさないと落ちるのはいうまでもないですよね。

銀行でお金を借りるためには、保証会社の審査に通ることが大前提になります。
保証会社は消費者金融などが多く、そこでの借入がある人は新たな借入が難しいかもしれません。

申込から審査結果が出るまでの期間が長いことも、銀行カードローンのデメリットのひとつです。
早くても数日、通常は1週間以上掛かります。
もちろん、銀行の休業日を考慮する必要があります。
ローン契約機でカードをつくれる銀行もありますが、正式な審査結果が出るのは最短・翌営業日とされています。
このような背景もあり、借入を急ぐときは消費者金融キャッシングへの申し込みを検討しましょう。

おすすめの銀行カードローンとは

銀行カードローンを利用するには、審査に通ることが絶対条件です。
そのうえで、銀行カードローンの一番のメリットである低金利で比較するのも選び方の一つです。
ただ、金利が低いローンほど審査に通りにくくなることは頭に入れておきましょう。
いずれの融資商品にも金利の幅がありますが、「下限金利」ではなく「上限金利」を意識することが大切です。
実際、上限金利が適用されるケースがほとんどです。

また、借入申込に際しては、月々の返済額はもちろんのこと、返済のしやすさという利便性にも目を向けてみましょう。
銀行カードローンの借入や返済にはATMが利用できます。
そのため、身近に提携先ATMがあることはもちろん、手数料の有無や営業時間の確認も必要です。
臨時返済も早期返済のためには大事なことですが、月々の返済が遅れないようにすることが大事です。
身近に提携ATMがあることは、毎月の返済をしやすく、遅い時間でもできるので、重要なポイントとなります。

銀行カードローンの利用条件として口座開設が必須の銀行もあります。
既に普通口座を所有している人は、そちらで申し込むとよいかもしれませんね。
もし、銀行口座をつくりたくない場合は、口座不要でつくれるカードローンもあるのでそちらを選びましょう。

このように、おすすめの銀行カードローンの条件は個々によって異なります。
そのため、上限金利や返済できるATM数の違い、銀行口座の有無などから判断して、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

利用するときはこんな点にも注意

カードローンやキャッシングのメリットとして、利用目的を問われない点も挙げられます。
そのため、借入申込時に提出する書類には、利用の裏付けとなる見積書などが含まれません。
その分、必要書類の準備がスムーズにできます。
しかし、車の購入や教育費などでお金を借りるのなら、自動車ローンや教育ローンなどの「目的別ローン」の利用がおすすめです。
銀行カードローンは消費者金融キャッシングよりも低金利なのが大きな魅力ですが、カードローンより目的別ローンのほうが低金利になることを知っておきましょう。

銀行カードローンには「自動融資機能」を付加できるタイプもあります。
この機能を付けると口座残高不足をカバーできるため、公共料金などの引落も安心です。
また、現金を引き出すとき、残高不足に対応する「自動貸越機能」がある銀行カードローンも存在します。
これらは大変便利な機能ですが、借入を自覚できないリスクも少なくありません。

銀行カードローンそのものが「借入」ですので、借入額が増えると月々の返済額も増えていき、返済が苦しくなることもあるため注意しましょう。
なお、消費者金融キャッシングに自動融資機能などはありませんが、借りすぎに注意が必要な点では同じではないでしょうか。
 

メリット・デメリットを知って自分に合った銀行カードローンを選ぼう!

銀行カードローンのメリットは金利が低いことですが、デメリットは審査が厳しいことです。
また、消費者金融キャッシングのメリット・デメリットとは真逆です。
銀行カードローンの借入に際しては、メリット・デメリットについて詳しく把握することが大切です。

審査が厳しいので、通るために必要なことはなにか、即日融資はされないので、その日にお金が必要なときはどうすればよいかなど、メリット・デメリットを知った上で、借り入れするためにはどうすればよいか考えましょう。
また、審査に通ることだけでなく、月々の返済額が生活を圧迫しないなど、ストレスなく返済できる融資商品を選ぶことも大事なポイントですよね。

銀行カードローンには手持ちの口座を活用できるメリットや、自動融資機能などの付加が可能な融資商品があります。
また、目的別ローンを利用したほうがよい場合もあるでしょう。
給与振込の銀行口座を持っているなら、審査が通りやすい場合があるので、その銀行に申し込むなど、自分に合った銀行カードローン選びをおすすめします。