銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いとは? | 銀行カードローンLAB

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いとは?

カードローンとキャッシングに違いはあるの?

融資商品には、住宅ローンや自動車ローンなどの「目的別ローン」のほか、カードローンやキャッシングのように使用目的を問われないものがあります。
まずは、「カードローン」と「キャッシング」の違いはあるのでしょうか?この表現は頻繁に使われていますが、見分けがつかないことから、迷う方も多いでしょう。
その背景には、2010年に施行された「改正貸金業法」との関係が大きいです。
この法律が改正される以前は、借入にカードを使うのがカードローン、カードを使わないのがキャッシングという違いがありました。
また、借入返済に関しても、前者では毎月分割返済、後者は翌月一括返済という違いがあります。

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いにも注目!

「改正貸金業法」の施行以前には、明確な違いがあったカードローンとキャッシングですが、現在、双方の違いはほとんどありません。
ただし、金融業界では、「カードローンは銀行」「キャッシングは消費者金融」との考え方が主流になっています。
その背景には、消費者金融に対するマイナスイメージが関係しています。

「改正貸金業法」の施行にともない、年収の3分の1を超える借入ができない、いわゆる「総量規制」が実施されました。
これは、当時、問題視されていた多重債務者を増やさない目的があります。
しかし、取り立てが厳しいなど、消費者金融に対する世間の風当たりは強く、そのイメージを払拭する必要性がでてきました。
そのような理由から、消費者金融の多くがキャッシングからカードローンへと商品名を変更しています。
さらに、借入時の利便性に考慮してカードを導入したり、分割返済方法を取り入れたりした経緯もあります。

ただし、銀行カードローンには審査は厳しいが金利が低い、消費者金融キャッシングには審査のスピードが早いが金利が高いといった、真逆ともいえる特徴がみられます。
その理由は、銀行カードローンは「銀行法」、消費者金融キャッシングは「貸金業法」によって運営されているからです。
ちなみに、銀行は狭義の金融機関のひとつ、消費者金融は貸金業者のひとつです。

借りるなら銀行と消費者金融どっちがメリットある?

お金を借りるときは、銀行カードローンと消費者金融キャッシングについて、それぞれのメリットを知ることが大切です。
銀行カードローンは金利が低い点が大きなメリットですが、借入審査が厳しいため通りにくいことも考えておきましょう。

一方、消費者金融は審査が早いことが大きな魅力ですが、金利が高いことを覚悟する必要があります。
このような理由から、銀行カードローンと消費者金融キャッシングには、どちらにもメリットがあります。
ただ、低金利で借入したい人は銀行、少しでも早くお金を借りたい人には消費者金融が向いているのではないでしょうか。

なお、いずれの場合も、借入に際しては保証人や担保物件が要らないという共通点があります。
これは、目的別ローンとは異なる大きなメリットです。

借入申込時に注意すべき点は?

借入に際しては、銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いはもちろん、借入申込をする融資商品個々について、その特徴をしっかり把握することが大切です。
そのひとつに「金利」があります。金利は一定ではなく、下限~上限金利という形で案内されています。
また、少額での借入でも、金利に幅があるように記載されていますが、上限金利で設定されることがほとんどです。
なお、初回は少額しか借り入れできないことが多いので、上限金利で設定されることがほとんどです。
下限金利に目が行きがちですが、借入先を決めるときは上限金利を意識しましょう。

借入をするためには、所定の審査に通る必要があります。
審査基準は借入先によって異なるため、借入の条件を事前に確認することが大切です。

ただし、必ずしも融資が受けられるとは限りません。
急な出費のために、少しでも早くお金を借りたい人もいるでしょう。
そのために複数のところに申し込む人もいるかもしれませんね。
しかし、短期間に複数の借入申込をするのはよくありません。
1カ月に3件、あるいは、2件でも危ういといわれています。
借入申込の履歴は「個人信用情報」として登録され、金融業界で共有されます。
いわゆる「申込ブラック」です。
こちらは、最低6カ月間は履歴が残り、借りることはできないことを知っておきましょう。

既に借入がある人は、その借入額にも注意が必要です。
消費者金融での借入は「総量規制」の対象になるため、年収の3分の1を超えての借入はできません。
クレジットカードにキャッシング枠を設定している人は、使用の有無に関わらず「借入」とみなされるため希望の金額を借りることができないかもしれません。
また、銀行は「銀行法」で運営しているため、総量規制には該当しないため、年収の3分の1以上でも借りることができていました。
しかし、貸しすぎが問題となって、各銀行で借入金額に上限設定を儲け始めたという背景があります。

自分の借入金額やニーズを確認して適切なカードローン選びを!

使用目的が自由な点や、保証人や担保物件が要らないなどで人気のカードローンやキャッシング。
ここまで解説してきたとおり、カードローンとキャッシングには大きな違いはありません。
ただし、銀行カードローンと消費者金融のキャッシングには特徴に大きな違いがありましたね。

ただどちらにしても非常に便利で、提携先のATMから簡単にお金を引き出せることから、借金しているとの自覚が持てないリスクがともないます。
借入申込の際には、返済可能かどうかを考えましょう。
借入限度額を高く設定しない、臨時収入があるときは返済にまわすなどの心掛けも大切です。
想定外の出費のときに役立つ便利な存在だけに、適切なカードローン選びをおすすめします。

注目の銀行カードローン

三井住友銀行公式サイト
三井住友銀行
返済の負担が少ないから自分のペースでしっかり頼れるカードローン!